ネックレス チェーンの種類

ネックレス チェーンの種類1413

ネックレス チェーンの種類はなんと100種類以上と、種類豊富なイミテーションのネックレス チェーン専門店マリコ。

「ネックレス チェーンだけ買おうとしているけどどんな種類があるの?」

「大切なトップなので、ネックレスのチェーンの強度が気になる。」

「ネックレス チェーンのおすすめの選び方は」など。

ネックレス チェーンの選び方、種類や、特徴などを紹介します。

ネックレス チェーンの種類 人気別

ネックレス チェーンの種類1418

まず、マリコで取り扱いの種類豊富なネックレス チェーンを紹介します。そしてチェーンごとに、マリコおすすめの人気のネックレス チェーンを紹介します。

★ネックレス チェーン(地金)

一般的にはペンダントなどに使われたり、太いものではチェーンのみ使うなどで利用することの多いネックレス チェーンです。マリコのネックレス チェーンは、真鍮に本金、ロジューム、ガンメタリックをコーティング(鍍金)した特殊仕上げです。それぞれがゴールド色、プラチナ色、黒色にきれいな輝きとともに仕上がるのが人気です。マリコのネックレス チェーン(地金)は、より輝き、長持ちを目的とした下地がニッケルのチェーンと、アレルギーに配慮したニッケルフリー”0”の2種類ご用意し、お客様の様々なご要望に応えるよう努めています。

ネックレス チェーン 切り売りのイメージ1056

ネックレス チェーン だけ購入可能1111

★ネックレス チェーン(9の字)

ステーションネックレスとか、デザインネックレスなどと言われ、長めで使うのが人気のネックレス チェーンです。マリコには様々なネックレスに使うパーツがあり、それらを組み合わせることで、店頭で手軽にカスタマイズを楽しめるのが人気です。9の字のネックレスはパーツ一つ一つをすべて手作業で金属を通し、つなげていきます。テグスと呼ばれる、糸などを通したネックレスと違い、途中で切れてしまったときにバラバラにならず、安心してご使用いただけます。また、9の字パーツのみを使ったネックレス チェーンは、金属部分が肌に触れることがないため、アレルギーを気にされるお客様も、状況によりご使用することが可能です。

ネックレス チェーンの切り売り9の字1736

ネックレス チェーンの切り売りサービス9の字1738

★スワロフスキーを使ったネックレス チェーン

スワロフスキーⓇ・クリスタルを使ったネックレスチェーンも100種類以上のカラーバリエーションとデザインでご用意しております。チェーンの間にスワロフスキーのビーズを入れて、ピンでチェーン状にしたものや、ラインストーンという、ダイヤ型のガラスが一列に連なるネックレス チェーンなどもございます。マリコ商品に使われるガラスは100%純正品のスワロフスキーⓇ・クリスタルを使用しており、安心してご着用いただけます。ペンダントをつけないでそのまま使っても、またペンダントチェーンの代用として使っても、キラキラ感があっておすすめです。ペンダントチェーンにつきましては「切れやすい」「シンプルすぎる」というお声もかなり多く、マリコではスワロフスキーを使ったネックレス チェーンも人気です。

ネックレス チェーンの切り売りスワロフスキー1740

ネックレス チェーンの切り売り スワロフスキー1742

ネックレス チェーンの種類 強度別

大切なペンダント ネックレスや、お守り、結婚指輪を通したネックレスなど。絶対に切れないチェーンはないですが、それでもネックレス チェーンの種類を選ぶ際に強度は気になります。ネックレス チェーンの強度が強いもの、弱いものについて、ここでは紹介します。

★ネックレス チェーンの強度が強いもの

ネックレス チェーンが太くなればなるほど、もちろん強度は強くなるのですが、ネックレス チェーンの種類によって、強度の違いはあります。強度の強いものは、ネックレス チェーンの動く範囲が広いものです。チェーンを曲げてみて、あまり曲がらないチェーンは、それ以上力を加えると折れてしまいます。なので強度の強いネックレス チェーンを優先されるのであれば、チェーンを曲げてみてよく曲がるものを選ばれるのがおすすめです。

★ネックレス チェーンの強度が弱いもの

ネックレス チェーンが細いものや、チェーンのつながる部分が繊細なものは強度が弱くなります。また、強度の強いものと今度は反対に、ネックレス チェーンの動く範囲が狭いと折れやすくなります。チェーンを曲げてみて、あまり曲がらないチェーンは、それ以上力を加えると折れてしまいますので、そのようなネックレス チェーンは強度を強くしたいのであればおすすめではありません。マリコでは繊細なチェーンの中から、なるべく強度の弱くないものをセレクトしております。

ネックレス チェーンの名称

ここでは、ネックレス チェーンの名称を、特徴とともに紹介します。

★ネックレス チェーン 小判

小判を連ねたような、ネックレス チェーンです。小さいものは小豆とも呼ばれています。

★ネックレス チェーン 喜平

小判は立体的なものに対して、この喜平は平たいチェーンです。しっかりとした、強度に優れたデザインで、ネックレス チェーンのメンズ用にもよく使われます。

★ネックレス チェーン ダブル(ロープ)

チェーンの輪が二重ずつ連ねるネックレス チェーンで、ロープチェーンとも言います。ロープのようにしなやかで、ダブルなので強度にも割合優れたチェーンです。

★ネックレス チェーン ベネチアン

正方形の角ばったボックスが連なるネックレス チェーンです。カット面がきれいで、きらっと輝くのが特徴です。ブランド品の少し高めのネックレスにはだいたいこのベネチアン チェーンが使われています。強度に関しては少し気を付けないといけないチェーンで、細い小判やボールなどよりかは強度はありますが、見た目を重視したデザインとなっています。強度の問題もあるためマリコでは一番細い幅0.8ミリは採用せず、1.0ミリから用意しております。

★ネックレス チェーン ボール

キーホルダーや、お風呂の栓につながるチェーンのようなデザインのチェーンです。現在マリコでは太い、細いものを問わず、強度の問題もありボールチェーンはほとんど取り扱っておりません。ご希望の方はお問い合わせください。

★ネックレス チェーン スエッジ

ベネチアンのように、チェーンとチェーンのつなぎ目が分かりづらい、デザイン性に優れたネックレス チェーンです。デザイン性に優れる反面、強度に少し難があります。そのためこのスエッジも一番細い幅は採用せず、1.0ミリ以上のものから採用しております。

★ネックレス チェーン クラブ

レースのようなデザインのネックレス チェーンです。デザイン性と強度にも優れ、おすすめの商品です。ペンダントヘッドとしてもよく使われております。

★ネックレス チェーン 3重編み(フレンチロープ)

先ほど紹介したダブルのチェーンの、3重バージョンで、フレンチロープと言われるのは最高級のハンドメイドチェーンです。職人がロウ付けすることでしなやかなロープのようなイメージに仕上げており、上品なネックレス チェーンです。しかしながらロウ付け部分がさほど稼働せず、太いチェーンではありますが強度はそれほど強くありません。ヘッドなどはつけず、本物の18Kやプラチナのチェーンと、まったく同じに見えるので、ネックレス チェーンのみ楽しみたいという方にもおすすめです。

★ネックレス チェーン スネーク

スネークの名の通り、しなやかさがきれいなネックレス チェーンです。これはスエッジ同様、しなやかさを最大限に出すようデザインされているため、強度的にはあまり強くなく、優美なデザイン重視のネックレス チェーンです。マリコでは強度の問題などがあり取り扱いはございません。

以上がネックレス チェーンの種類となります。マリコで取り扱いチェーンを、「もっと細いチェーンはないの?」、「スネークやボールチェーンを探している」という声も多く寄せられます。

しかしながら強度の問題などで、実際に自分たちが試してみて、切れるリスクのなるべく少ないネックレス チェーンを選んでおりますので、ご了承ください。

 ネックレス チェーンの選び方

ネックレス チェーンの選び方は様々です。ここではネックレス チェーンの選び方について紹介します。

★ネックレス チェーンの選び方(ペンダントヘッドに合わせる)

マリコはネックレス チェーン専門店ですが、ペンダントの主役ややっぱりペンダント トップです。既製品のペンダントには小豆やベネチアンなどのネックレス チェーンがついていますが、私たちから見たら細すぎたり、シンプル過ぎたりする場合も。ペンダント ヘッドの大きさやデザイン、色に合わせたネックレス チェーンの選び方を紹介します。

★ネックレス チェーンの選び方(きれいに見える長さで選ぶ)

ネックレス チェーンには、きれいに見える長さがあります。それは、「鎖骨と鎖骨の間をネックレス チェーンが通るような長さ」です。特にお肌に着用することの多い、ペンダント チェーンは長さがとっても重要です。せっかくの素敵なペンダントも、長さが長いとシャツに隠れて見えなくなってしまったり、また短すぎると窮屈に見えてしまったり。「鎖骨と鎖骨の間をネックレス チェーンが通るような長さ」は、長すぎず、短すぎず。一番お首回りがきれいに見える長さです。きれいに見えるネックレス チェーンの長さを知っておくことで、ペンダントはよりきれいに見せることが可能です。

★ネックレス チェーンの選び方(使う用途で選ぶ)

お守りや大切なペンダントなら強度重視。かぶりやすいものなら70センチ以上がおすすめです。お守りや、大切なペンダントは、当然強度を重視したほうが良いです。イミテーションと貴金属で強度の差があるというよりかは、前の項で説明した通り、チェーンのデザインによるところが大きいです。少し太くないかな、ボリュームがあり過ぎかな。など思われても、大切なものなら絶対に強度の強いネックレス チェーンがおすすめです。また、留め具を使うのが手間だから、かぶれるようにしたい、ペンダントヘッドが時計だから、見れるようにしたい。という方には、70センチ以上のネックレス チェーンをおすすめしております。まず、70センチあればほとんどの方が髪型を気にすることなく着脱可能です。(ふわっとしたパーマなどの髪型は別ですが)また、時計などのネックレス チェーン交換の場合80センチ程度で見ておけば問題はありません。長いネックレスは引っ掛かりやすいので、こちらもある程度強度の強いチェーンから選べば安心です。

★ネックレス チェーンの選び方(太いか、細いかで選ぶ)

ペンダントヘッドに通す場合、ネックレス チェーンの大きさ(外寸)は重要です。ネックレス チェーンが太いとペンダントに通らないので、ペンダントが通るくらいの、ネックレス チェーンの細いものを選ばれるのもおすすめです。
>ネックレス チェーン 修理・切り売り専門店【マリコ】

ネックレス チェーン 修理・切り売り専門店【マリコ】

ネックレス チェーンを即日修理で頼みたい。ネックレスのチェーンのみ購入したい。など。マリコでは東京都内の店舗で修理やチェーン交換を即日対応。ネックレスのチェーンだけ購入の場合は、1センチから切り売りしているので、あなたにぴったりの長さのチェーンを提案可能です。加工費無料で、店頭での即日制作・即日修理が可能。東京都内の百貨店内で、安心と便利をおとどけします。

日本で唯一のイミテーション ネックレス チェーンの切り売り専門店。皆様にお喜びいただける、素材のこだわり・サービスに努めます。